実印は一生モノです

印章には「意思を確認し、了解した証拠をのこす」という大切な役目があります。
印鑑は自分自身の分身です。人に例えると本体が体で印面(彫刻面)が顔となります。やはり顔は良いほうがいいですよね!
また使い方を間違えるととても危険です。たとえ安価で購入した認印でも、契約書などに自分の意思で押すと「実印」と同じ効力が生じる場合があります。その為、当店では一つ一つ心を込めて時間をかけ彫刻し「唯一無二」の印鑑をお客様にお渡しできるよう手彫りにこだわって仕事をしています。

印鑑一筋
個人の印 会社の印 ゴム印
千円札ストラップ